© 2016 by Tomo Suzuki Japan. Ltd. Proudly created with Wix.com

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

アピチャッポン・ウィーラセタクン「Fireworks (Archives)」

東京都写真美術館 展示用 ガラス手配

2016年12月13日(火)〜2017年1月29日(日)東京都写真美術館「アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち」展で映像作品「Fireworks (Archives)」をガラス板に投映したい、と作家が主張。

まず、私たちは海外での展示実績から情報収集をしました。

写真は、香港・Para Siteでの展示。実際に足を運びました。

東京都写真美術館の展示空間をSketchUPの3D図面にしました。

 

そこにガラス板を設置した様子を描き、WEBで作家と交信。

展示に適したガラスのサイズを推計しました。

画像は、鈴木朋幸が描いたSketchUP図面。

私たちが、コネとカネの問題を解決しました。

 

写真は、4メートル(幅)x 3メートル(高)のガラス板が天井から吊り下げられた様子。運搬と設置には、職人8名が携わりました。

吊られたガラス板には、英国より輸入した遮光シートを貼りました。

プロジェクターの映像をほどよく映し出すための表面素材です。

シートを貼る作業は、あらかじめガラス施工の専門家に依頼しておきました。

写真は、背面プロジェクターからの光を当てた様子。

ガラス板に投映したのは、アピチャッポン・ウィーラセタクンによる「Fireworks (Archives)」という映像作品でした。

写真は、同作のスチール写真。

展示終了後の搬出まで手配しておきました。

ガラス運搬の専門家でないと危険です。

写真は、ガラスを撤去する姿。搬入と同様に職人8名が携わりました。

ご相談・お問い合せ