© 2016 by Tomo Suzuki Japan. Ltd. Proudly created with Wix.com

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

December 7, 2019

【シノプシス】

『ザ・スイム』は、ドキュメンタリーの要素を持つアート映画である。

本作のために、

アーティストの何翔宇(ヘ・シャンユ)は、
3度ほど、故郷の丹東(たんとう)に戻っている。

そこは鴨緑江(おうりょくこう)という川で
北朝鮮との国境を隔てる、

中国の貧しい田舎町。

朝鮮戦争に出兵した6名の退役軍人、
そして、祖国と家族から離れて来た6名の脱北者への
インタビューを通じて、

町の美しい自然の裏側で起きている
過酷な現実を知らしめ、

人それぞれが思い描く幸せとは
幻想に過ぎない、と示したのが、

本作『ザ・スイム』なのだ。

---------
何...

October 2, 2019

水に溶けると電気を通す物質のことを
電解質と呼ぶ。

つまり、イオンだ。

電解質を含んだ水に
電気をかけ続けると、

そのイオン水溶液の中にある物質は

分解される。

そうした化学変化を
電気分解と呼ぶ。

ちなみに… 分解とは、
ひとつの物質が、ふたつ以上の物質に
科学変化するコト。

水は電気を通さないけど、
水に塩化銅(塩素と銅が化合した物質)を溶かした
水溶液は電気を通すようになる。

その塩化銅水溶液に
強い電気を流し続けると、
塩素と銅に電気分解されていく。

+極からつながる陽極では、
塩化物イオンが塩素原子になる。

言い換えると、
陽極では、気体の塩...

June 28, 2019

タイの映画監督・美術家、アピチャッポン・ウィーラセタクン

英国の女優、ティルダ・スウィントンを主役に抜擢し、

新作映画『メモリア』(仮題)を南米・コロンビアで撮影する。

撮影は、2019年夏にスタート。

それに先立ち、

アピチャッポン監督は、何度かコロンビアを訪れている。

ロケハンでもあり、プリプロダクションでもあり、

ロケ地の歴史や文化を知る旅でもあった。

そんな旅するアピチャッポン監督に、

カナダの俳優・映画監督、コナー・ジェサップが同行!

友人同士なふたりがコロンビアの奥地で語り合うのが本作。

新作映画の話だけでなく、

互いの将来から出会った不思議...

August 20, 2018

8/23(木)19:20〜20:50、渋谷シアター・イメージフォーラム

「映画・美術・舞台〜様々な角度からアピチャッポンについて語る」

クロストークイベント

タイの映画監督・美術家、アピチャッポン・ウィーラセタクン。

監督した映画(旧作)を、
渋谷のシアター・イメージフォーラムで特集上映中です。

連日11:00A.M、21:00の2回上映。

つまり、
毎日、モーニングショー、レイトショーの枠で
プログラム上映しています。

その特集上映には、タイトルが付いています。
「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2018」といいますよ。

そんな上映企画の関連トー...

August 8, 2018

2018年夏、再映記念!アピチャッポン・ウィーラセタクン監督『ブンミおじさんの森』(2010)東京オリジナル Tシャツ発売。 タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が、2010年「カンヌ映画祭」でパルムドール(最高賞)を受賞した映画『ブンミおじさんの森』の特製Tシャツをタイで制作。東京で発売へ!