【終了】2021年「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」を計画通り実行


2021年「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」晩秋版ティーザー動画





トモ・スズキ・ジャパン有限会社は、2021年「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」を主催しました。


お陰様で、全プログラムを計画通りに実行できました。ご参加のお客様、関与した文化・芸術従事者の方々、会場近隣で暮らす皆様、誠にありがとうございました。深く感謝いたします。


2021年「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」は、毎日、違うプログラムで構成しました。そのため、文化活動の従事者を多方面から招くことができました。14日間の会期中に以下のプログラムを実現しています。


  • 上映作品:21本

  • 展覧会(新作企画展):2本

  • ギャラリー内での特別展示:4本

  • ギャラリー内でのパフォーマンス:2公演

  • ファッションショー:2回

  • ダンス公演:2回

  • ワークショップ:15回

  • 講座:5回


これまでトモ・スズキ・ジャパンは、都市の密閉空間にアート映画の「コア層」だけを集中的に集客する文化イベントを得意にしてきました。しかし、今回はコロナ禍による外的環境の変化に対応し、山の中に少人数が集うイベントを数多く行うことにしました。


特に気をつけたのが、オミクロン株への対策です。2021年12月30日現在、日本におけるオミクロン株の感染者は数少ない、と報道されています。一方、2021年12月下旬に開催した「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」にオンライン参加したゲストからは、警笛が鳴らされていました。


海外ゲストが暮らす米国やドイツ、タイやジョージア、フランスやコロンビアでは、オミクロン株が猛威を振っているそうです。ビデオやライブで参加したゲストは、事前の打ち合わせで一様に日本の感染状況を心配してくださいました。今、感染者数が少なくても、今後はわからない。十分に気をつけるように、と。


そんな忠告に従い、2021年「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」では、自主的にチケット販売数を定員の50%まで減らしました。ここで新型コロナウイルスの感染を拡大させてはいけない、と強く思った結果の判断でした。


販売数が僅かなせいか、電子チケットは即完売となりました。ご参加できなかったお客様には、大変、ご迷惑をおかけしました。必ず来年も開催いたします。その時は座席数が増やせるような環境であることを願う次第です。



2021年12月30日

「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」全プログラム終了後の会場にて

主催者


 

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

2021年「鎌倉山・古民家ハイブリッド映画祭」


https://www.hybridff.com/


【会期】2021年12月17日(金)〜12月30日(木)14日間、無休

○プログラム内容は公式サイトでご確認ください。


​【会場】鎌倉山・みんなのアトリエ神奈川県鎌倉市鎌倉山3-21-11-2)

○駐車場はございません。自動車でのご来場はご遠慮ください。


【料金】来場1回券(事前予約制):1,000円、配信1回券(事前予約制):1,000円

ワークショップ1回券(事前予約制):子ども500円、中高生800円、一般1,000円

シナリオ教室1名券(事前予約制):25,000円(全5回)

○展覧会は無料でご覧いただけます(展示即売あり)


【チケット】Livepocket(エイベックス・デジタル)電子電子チケットのみの取扱

【電子チケット発売日】2021年11月28日(日)10:00A.Mより発売

○来場券はワクチン2回接種済み・PCR検査陰性が対象となります

○感染が判明の場合は電子チケット情報より濃厚接触を追跡します

○電子チケット(前売券)が指定の座席数に達した場合、当日券の販売はございません。


公式サイト:https://www.hybridff.com/

主催・制作:トモ・スズキ・ジャパン 

企画・製作:鈴木朋幸 

共同制作:鎌倉山・みんなのアトリエ

協力:株式会社IHI技術開発本部、筑波学院大学 

後援:一般社団法人全国古民家再生協会 、神奈川県古民家協会、鎌倉商工会議所


文化庁の補助金「ARTS for the future!」の事業です