アピチャッポン本人が選ぶ短編集

アピチャッポン本人が選ぶ短編集 プログラム#1

『国歌(The Anthem)』

2006年/5’00”/タイ語・日本語字幕

タイの映画館では本編の上映前、国王への賛歌が場内に流れる。その間、観客は起立するという。国王讃歌の間、スクリーンにはタイ国内の名所が映し出されるそうだ。


そんなタイ独自の慣習をアピチャッポン監督なりに再定義した短編映画。特定の国を賛美するのではなく、すべてのシネマに捧げる賛歌として、上映会の冒頭に流すことにした。


ロンドンのアートフェア「フリーズ」からの委嘱で制作し、英国のシネコンで商業映画の前に何の前触れもなく上映されている。日本では福岡市が総合図書館に収蔵。本来は35mmプリントだが、今回は日本語字幕付のDCPで上映。

The Museum of Contemporary Art(2012). MOCAtv Presents Techno Mystic - The Anthem. Co-commissioned by Frieze Projects/LUX, 2006.

 


『第三世界(thirdworld)』

1997年/16’ 38” /タイ語・日本語字幕

タイ南部の離島、パンイー。その島を旅しながら、カメラをまわした。島の風景を隠喩的に描き出す白黒の映像。それと男の会話に接点があるのか?再構築型のドキュメンタリー。


「山形国際ドキュメンタリー映画祭」ライブラリー収蔵作品。16mmフィルム用カメラで撮影し、ビデオを完成フォーマットとしている。


 

『Empire』

2010年/2’00”/台詞なし

白く光るヘルメットの水中ダイバーが、漆黒の海中洞窟を進んでゆく。手をのばすと、小さな貝殻があった。ダイバーは何かを探り当てたいのか?探求と発見を描く短編。


オーストリア「フィルム・フェスティバル・ビエンナーレ」の予告編。2010年の開催PR用に使われた。今でもYouTubeで無料視聴できるが、今回はDCP版をスクリーンで公開する。

FilmFestivalViennale. (2011). Viennale-Trailer 2010: Empire (by Apichatpong Weerasethakul).

 

『My Mother’s Garden』

2007年/6’42”/台詞なし

ディオールからの委嘱作品。仏・ディオールのファイン・ジュエリーで、アーティスティックディレクターをつとめるヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ。その貴重な宝石コレクションを見せてもらうと、毒々しい植物が脳裏をよぎる。


偶然にも、アピチャッポンの母はランを育てていた。そんな母の庭を想像しながら、宝石をクローズアップで撮影。宝石と植物のイメージをまとう、ある種のアニメーション。

 

『アジアの亡霊(Ghost of Asia collaboration with Christelle Lheureux)』

2015年/9’11”/ タイ語・日本語字幕

ある少年を監督にしてみた!その少年が言うことなら、何でもきくというルールを決めた。ただし、1日だけ。遊びみたいな撮影をビーチで開始。とりとめのない少年の指示のもと、役者が振り回された。最後には、とうとう…。


フランスの映画監督、クリステル・ルローと共同制作。

 


『Monsoon』

2011年/3’11”

「なら国際映画祭」の企画「3・11 ア・センス・オブ・ホーム・フィルムズ」参加作品。東日本大震災への思いをこめて、上映時間が3分11秒のショートフィルムを世界中の映画監督が制作したプロジェクト。


アピチャッポン監督は、モンスーンの夜に流れる子守唄を描いた。遠く離れた恋人たちのために…。もはや風すら吹かない、何もかもが消えた土地のために。


劇中で男があの世の恋人にスカイプで交信する。彼は蛍を見つけて、恋人にみせるのだった。

Random Acts. (2017). Skyping after an earthquake | Monsoon by Apichatpong Weerasethakul | Short Film | Random Acts

 

『輝かしき人々(Luminous People)』

2007年/15’00”/ タイ語・日本語字幕

死者を弔う行事を再現。死後、時が経つにつれ、生前の記憶は薄らいてゆくものだ。人は死ぬと忘れられてしまうのか?


生きている者が故人の記憶を保つためにも、映画として記録しておく必要がある。そう考え、スーパー8(8mmフィルム)用カメラで撮影し、35mmフィルムを完成フォーマットとした。本来は35mmプリントだが、今回は日本語字幕付DCPで上映。


「カンヌ国際映画祭」監督週間 招待作品。

 

『Nimit』

2007年/15’00”/ タイ語・日本語字幕

タイ文化省からの委嘱作品。タイ国王(当時)を映画で描いて欲しいとの依頼が舞い込んだ。しかし、アピチャッポン監督にとって、国王とは静止画の中の存在だ。子どもの頃、自宅にあったカレンダーに国王の姿が印刷されていた。それぐらいしか、国王を知らない。実際に動いている姿を見たこともなければ、話したこともない。


結局、知らない人のことは映画化できない、という結論に至る。代わりに、自分がよく知る存在を撮ることにした。家族、恋人、飼い犬、好きな景色、光などを…。

 

『ブンミおじさんへの手紙(A Letter to Uncle Boonmee)』

2009年/17’40”/ タイ語・日本語字幕

長編映画『ブンミおじさんの森』(「カンヌ国際映画祭」最高賞受賞)のスケッチとなる短編映画。両作とも同じスタッフで撮影。ロケ地も同じで、タイ東北地方のナブア村。


長編のロケハンを兼ねるように村の様子をカメラにおさめ、モノローグ形式でブンミおじさんとの架空の対話を試みた。


ドイツ「オーバーハウゼン国際短編映画祭」グランプリ受賞作品。

 

『ヴァンパイア(Vampire)』

2008年/19’00”/ タイ語・日本語字幕

ルイ・ヴィトンからの委嘱作品。パリのエスパス ルイ・ヴィトンより、旅をテーマにした映像作品を依頼された。完成した作品は、展覧会と映画館で発表されるという。


アピチャッポン監督は、作品内で旅を描くのではなく、自ら旅に出てしまう。撮影クルーをともない、向かった先は旅というより冒険に近い環境だった。


タイとミャンマーの国境付近にある山。その山には、人の生き血を吸うヴァンパイア鳥が生息するという。果たして、吸血鬼鳥をカメラにおさめられるのか?

 
アピチャッポン本人が選ぶ短編集 プログラム#2

『国歌(The Anthem)』

2006年/5’00”/タイ語・日本語字幕

タイの映画館では本編の上映前、国王への賛歌が場内に流れる。その間、観客は起立するという。国王讃歌の間、スクリーンにはタイ国内の名所が映し出されるそうだ。


そんなタイ独自の慣習をアピチャッポン監督なりに再定義した短編映画。特定の国を賛美するのではなく、すべてのシネマに捧げる賛歌として、上映会の冒頭に流すことにした。


ロンドンのアートフェア「フリーズ」からの委嘱で制作し、英国のシネコンで商業映画の前に何の前触れもなく上映されている。日本では福岡市が総合図書館に収蔵。本来は35mmプリントだが、今回は日本語字幕付のDCPで上映。

The Museum of Contemporary Art(2012). MOCAtv Presents Techno Mystic - The Anthem. Co-commissioned by Frieze Projects/LUX, 2006.

 

『この光、より多くの光(This And Million More Lights)』

2006年/1分/サイレント(無音)

ネルソン・マンデラ財団「46664:あなたの1分をエイズのために」キャンペーン参加作品。チカチカする蛍光灯。プールに飛び込もうとする男の子。そんな映像がオーバーラップする。

 


『マレーと少年(Malee and the Boy)』

1999年/26分45秒/タイ語・日本語字幕

音声と映像を分離させた作品。10才の少年にマイクを渡し、バンコク市内で音を採集させた。その音が録音されただろう場所を撮影クルーが想像し、ビデオに記録した。さらには、現場付近で入手したタイのマンガ本から、テキストを引用して本編にミックスしている。


毎日、デパートのショーウィンドウで宝石を眺めていた少女。彼女の名はマレー。子どものマレーには、もちろん宝石を買うお金なんてない。突然、その宝石を買ってあげよう、と彼女に声をかけてきた大人の男。マレーは怖くなり、家に逃げ帰った。そんなマンガのストーリーが別々の収録された音声と映像にオーバーラップするのだった。

 

『ハタナカマサトと撮るノキア(Nokia Short collaboration with Masato Hatanaka)』

2003年/2分/台詞なし(音声のみ)

ノキアの携帯端末(ガラケー)で撮影した作品。当時、ガラケーで写真は撮れたが、動画を撮影できる機種はわずかだった。その宣伝も兼ねて、端末のメーカーより委託された短編。防水機能を活かして、プールでも撮影。日本人の音楽家、畑中正人がサウンドを担当した。

 


『メコンホテル(Mekong Hotel)』

2012年/61分/タイ語・日本語字幕

舞台となるのは、メコンホテル。タイとラオスの国境を流れるメコン川流域にある設定だ。そのホテルで人肉を喰らう霊を主人公にしたホラー映画を撮影するのが、アピチャッポン監督と撮影クルー。


ロケ撮影の様子をメイキングビデオ風に紹介する一方で、撮影しているはずのホラー映画の本編シーンが本編に織り込まれ、ドキュメンタリーとフィクションの要素が往来する作風。2002年に執筆した脚本「エクスタシー・ガーデン」にもとづいている。

The Match Factory(2012). Mekong Hotel (2012) | Trailer | Apichatpong Weerasethakul