アピチャッポン監督『ブンミおじさんの森』東京特製Tシャツ 販売中

最終更新: 8月18日

2018年8月、東京での再映を記念して、タイでオリジナルTシャツをつくりました!


タイの映画監督・美術家、アピチャッポン・ウィーラセタクン。監督作『ブンミおじさんの森』(2010)が、2010年「カンヌ映画祭」でパルムドール(最高賞)に輝きました。


翌2011年には、シネマライズ提供、ムヴィオラ配給で、全国順次ロードショー公開。ところが、3.11 東日本大震災のため、上映は長く続きませんでした。


その後、特集上映や映画祭などで単発的に公開されてきましたが、2018年夏に渋谷のシアター・イメージフォーラムで、アピチャッポン映画特集「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2018」が開催。


その一環として、アピチャッポン監督『ブンミおじさんの森』もプログラム上映されたのでした。


関係者一同、たいへん喜びました。記念にタイで特製のTシャツをつくろう!と意見がまとまり、タイで300枚だけ限定生産したのでした。


【通販サイト】https://bonmee.thebase.in/items/13318984

アピチャッポン監督『ブンミおじさんの森』東京特製 Tシャツ


【Tシャツのブランド】GILDAN(ギルダン)→Tシャツやスウェット商品で北米でトップの売上を誇るブランドです。


【Tシャツ素材】綿100%

【Tシャツ生産地】バングラデシュ

【Tシャツ生地色】黒

【サイズ】S、M、L、XL(男女兼用)


【通販価格】4,400円(税、送料込み)



サイズ: S

【身幅】46cm

【着丈】70cm

【袖丈】42cm


サイズ: M

【身幅】51cm

【着丈】72cm

【袖丈】46cm


サイズ: L

【身幅】56cm

【着丈】75cm

【袖丈】50cm


サイズ: XL

【身幅】61cm

【着丈】77cm

【袖丈】53cm




【デザイン】Tシャツのデザインをしたのが、タイのグリッサゴーン・ティンタップタイです。仲間からは、ゴウ(Goh)と呼ばれる人気者。アピチャッポン作品に出演する俳優である一方、自らも美術家として活動。日本では、2013年に東京のギャラリー、ARATANIURANO(現・ANOMALY)で個展を開催。


関連記事: 宮越裕生. (2013). RedBull. タイの新鋭映像作家 グリッサゴーン・ティンタップタイ「Now Showing」展:https://www.redbull.com/jp-ja/art-blog-yu-miyakoshi-131213


【イラスト】Tシャツのイラストを描いたのは、Phim U-mariです。仲間からは、 Phimと呼ばれています。アピチャッポン監督のプロダクションでは美術部に所属して、衣装のアシスタントも担当する多彩な人材。




【通販サイト】https://bonmee.thebase.in/items/13318984

メルマガ登録!

最新投稿をメールでお届けします。

アート映画のパイオニア!

トモ・スズキ・ジャパン有限会社

Tomo Suzuki Japan. Ltd.

150-0002 

東京都渋谷区渋谷2-7-14 VORT青山5F

03-5468-7171(代表)

mail@tomosuzuki.com

© 2020 by Tomo Suzuki Japan. Ltd.  Proudly created with Wix.com