アピチャッポン・ウィーラセタクン 上映パフォーマンス『フィーバー・ルーム』日本初演 2017年

「カンヌ国際映画祭」パルムドール(最高賞)ほか、数々の受賞歴を持つ映画作家・美術家、アピチャッポン・ウィーラセタクンが、初めて取り組んだ舞台作品。


記憶とイメージのうつろいやすさに関する省察へと観客を誘う上映パフォーマンス。

直近の長編映画『光りの墓』にも出演している常連俳優2人を起用し、映画と演劇の枠組みを超えた、夢の中へと亡命するかのような新しい劇場体験を提供する。

courtesy of Kick the Machine Films



TPAMディレクション

アピチャッポン・ウィーラセタクン上映パフォーマンス「フィーバー・ルーム」


【日時】2017年2月11日(土)〜2月15日(水)

2/11(土)14:00/16:30/18:30 1日3公演

2/12(日)14:00/16:30/18:30 1日3公演

2/13(月)17:00/19:30 1日2公演

2/14(火)17:00/19:30 1日2公演

2/15(水)17:30/19:30 1日2公演


【会場】KAAT/神奈川芸術劇場・ホール 【住所】神奈川県横浜市中区山下町281

【アクセス】みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分、みなとみらい線元町・中華街駅 1番出口より徒歩8分、横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅より徒歩15分、JR根岸線関内駅より徒歩15分


【料金】1,500円 ~ 3,000円

【発売日】2016年12月3日 プロフェッショナル:¥1,500 オーディエンス:¥3,000


エージェント:precog、SCAI THE BATHHOUSE、トモ・スズキ・ジャパン


ディレクター:アピチャッポン・ウィーラセタクン

出演:ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー、バンロップ・ロームノーイ、ナブア村のティーンエイジャーたち


プロダクションマネージャー:ソムポット・チットゲイソン(ボート) 投影・ビジュアルデザイナー:ルアンリット・サンティスック 照明:ポーンパン・アーラヤウィーラシット 音響:アックリットチャルーム・カンヤラーナミット(リット)、清水宏一

ビジュアル助手:ピティ・ブンソム 照明助手:ウォーラトン・ピーラポンパン 撮影監督:チャットチャイ・スバン 撮影助手:タナヨット・ループカジョーン 音声編集:チャルームラット・カウィワッタナー 経理:パーリチャート・プーアーリー

ポストプロダクションプロデューサー:シリパン・セーンジャン シニアカラリスト:パーサコーン・ヤイシリ デジタルカラリスト:チャイタワット・トライサーンシー デジタルコンフォーム:ナッタチャー・カジョーンキアットサクン ポスト・スーパーバイザー:リー・チャータメーティクン


Production: Kick the Machine Films

A Comission by Asia Culture Center – ACC

Theater (Gwangju)

Premiere September 2015, Asia Culture Center – ACC Theater (Gwangju)


メルマガ登録!

最新投稿をメールでお届けします。

アート映画のパイオニア!

トモ・スズキ・ジャパン有限会社

Tomo Suzuki Japan. Ltd.

【新住所】 

341-0044 

埼玉県三郷市戸ヶ崎4-60-6

03-5468-7171(代表)

mail@tomosuzuki.com

© 2020 by Tomo Suzuki Japan. Ltd.  Proudly created with Wix.com