【YouTube】無観客トーク!マシュー・バーニー『拘束のドローイング9』衣装担当 村上美知瑠(衣装作家)

最終更新: 5日前

令和2年度 文化芸術活動の継続支援事業


トモ・スズキ・ジャパン有限会社は、2020年2月〜3月、東京都写真美術館ホールで特集上映会を開催する予定でした。


マシュー・バーニー『リダウト』プラスと題した上映会でした。


米国の美術家、マシュー・バーニーによる最新フィルム『リダウト』(2018)に加えて、彼の伝説的フィルム作品シリーズ『クレマスター』サイクル全5部作(1994-2002)、及び捕鯨船の日新丸でビョークと協働したフィルム『拘束のドローイング9』(2005)をプログラム上映する企画でした。


ところが、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、東京都写真美術館が臨時休館となってしまいます。


そこでトモ・スズキ・ジャパンによる、マシュー・バーニー作品の特集上映と関連イベントも延期(一旦休止)としました。



2020年10月になり、感染症の対策をした上で、7ヶ月前に行う予定のゲスト・トーク無観客で開催しました。


マシュー・バーニーが監督・制作・出演したフィルム『拘束のドローイング9』の衣装担当として、ニューヨークでの制作に参加した村上美知瑠(衣装作家)さんに、トモ・スズキ・ジャパンの社長、鈴木朋幸『拘束のドローイング9』共同配給)がお話を伺いました。


当日は、村上美知瑠さんのオンライン展覧会の会場となる横浜のインペリアル・ギャラリーより、無観客トークの模様を動画でライブ配信!


その無観客トークをビデオに収録し、編集した動画をYouTubeで公開しています。



【無観客トーク】マシュー・バーニー『拘束のドローイング9』衣装担当 

村上美知瑠衣装作家)その1

マシュー・バーニー『拘束のドローイング9』衣装素材は、皮・革でした!

― 未使用分を小型カメラで見てみましょう



【無観客トーク】マシュー・バーニー『拘束のドローイング9』衣装担当 

村上美知瑠衣装作家)その2

マシュー・バーニー『拘束のドローイング9』衣装担当に抜擢されたキッカケは、飲み会!

― なんともニューヨーク的だよね?



メルマガ登録!

最新投稿をメールでお届けします。

アート映画のパイオニア!

トモ・スズキ・ジャパン有限会社

Tomo Suzuki Japan. Ltd.

【新住所】 

341-0044 

埼玉県三郷市戸ヶ崎4-60-6

03-5468-7171(代表)

mail@tomosuzuki.com

© 2020 by Tomo Suzuki Japan. Ltd.  Proudly created with Wix.com