マシュー・バーニー 『クレマスター2』(1999)

米国の美術家、マシュー・バーニー

伝説的フィルム作品『クレマスター』サイクル全5部作の中で、唯一 台詞があるドラマ。

CREMASTER 2, 1999 Photo Michael James O’Brien

© Matthew Barney, courtesy Gladstone Gallery, New York and Brussels



マシュー・バーニー『クレマスター』シリーズ5部作で最も広範囲に及ぶ舞台。モルモン教のユタ州、ロッキー山脈、塩湖で展開するゴシック・ウエスタン


『クレマスター2』

1999年/アメリカ/カラー/35mm/79分00秒/1:1.66/ドルビーSR

【スタッフ】

脚本・監督:マシュー・バーニー

制作: バーバラ・グラッドストーン、マシュー・バーニー

撮影: ピーター・ストライトマン

音楽: ジョナサン・べプラー

視覚効果:カレン・アンセル(モビリティ)

特殊効果:ゲイブ・バルタロス(アトランティック・ウエスト・エフェクト)

​スチール:マイケル・ジェームズ・オブライアン(人物担当)、クリス・ウィジェット(風景担当)

ヘアメイク:レジーナ・ハリス

靴提供  :プラダ

衣装   :ディーン・ソネンバーグ(フェイのみ)、リンダ・ラベル、ローレンス・エスノールト

【キャスト】

ハリー・フーディーニ:ノーマン・メイラー

ゲイリー・ギルモア:マシュー・バーニー

フェイ:匿名

ベッシー・ギルモア:ローレン・パイン

フランク・ギルモア:スコット・イウォルト

ニコル・ベイカー:パティ・グリフィン

マックス・ジャンセン:マイケル・トンプソン

ジョニー・キャッシュ:デイブ・ロンバルド(ドラム)、ブルース・スティール(ミツバチとともに)、スティーブ・タッカー(声)

ステップ・ダンサーズ:キャット・キュービック、サム・ジェラージ

ブラーマ・ブル:#55

フレンチブルドッグ:ジャクリーヌ・モラシッズ

車両:1966年型マスタング(白1台、青1台)


マシュー・バーニー『クレマスター2』

【あらすじ】

米国・西部。

そこではロッキー山脈と氷河、ソルトレイク(塩湖)が物語の目撃者となる!

少年時代から、刑務所生活を送ってきたゲイリー・ギルモア。今は仮釈放中だ。ゲイリーの母、ベッシー・ギルモアの故郷となるユタ州にいた。そこはモルモン教誕生の地でもある。

ゲイリーと交際中のニコル・ベイカーは、自分の愛車と色違いの1996年型マスタングに乗っている。ふたりがドライブの途中、ガソリンスタンドに立ち寄るとトイレで、なんと!ゲイリー・ギルモアは従業員を銃殺してしまう。後頭部を撃ち抜いたのだ。

舞台一転。


パイプオルガンが鳴り響くホールで、ゲイリー・ギルモアは死刑を宣告される。実は、彼自身も死刑は望むところだった。モルモンの教えに従い、地面に血を流して死にたいと思っていた。

死刑執行は、アリーナ状の塩湖。ロッキー山脈の麓、檻に囲まれた会場に牡牛が放たれ、死のロデオが始まる。

一方、ゲイリー・ギルモアの祖母、フェイは奇妙な予言をしていた。時を超えて「脱出の名人」のハリー・フーディーニが現れる。そして、ゲイリー・ギルモアに脱出と入替りの極意を伝授するとの予言である。しかも、ハリー・フーディーニはゲイリー・ギルモアの祖父だという。

ところが、ハリー・フーディーニの元にはフェイ自身が行くことになる。マジックを終えた直後、フェイは女王蜂の生涯を語るのだった。

ノーマン・メイラーのベストセラー小説「死刑執行人の歌 ― 殺人者ゲイリー・ギルモアの物語」」(1979)を、マシュー・バーニーが独自の解釈で映像化!舞台となるユタ州の土地柄を活かし、ギルモア家の血縁に蜂の生態を絡めている。

『クレマスター』シリーズ全5部作の中で、唯一、台詞があるドラマ仕立ての作品となる。制作関係者が「ゴシック・ウエスタン」と呼ぶ作風だ。

CREMASTER 2, 1999 Photo Michael James O’Brien © Matthew Barney, courtesy Gladstone Gallery, New York and Brussels

【台詞訳】面談のシーン(フェイの向かいに、ベッシーとフランクが座る) フェイ(ゲイリー・ギルモアの祖母): ようやくお会いできましたね。 さぁ、解き放つのです。 力を抜いて、鉄をも砕くほどに… ベッシー・ギルモア(ゲイリー・ギルモアの母): この一節を受け止めて。 宇宙の秘密。 それは…すべての形、すべての真実、すべての愛と光が響き合い、秩序を保ち、相互関係を持つもの。 すべては一点に集まり、強く結ばれるのです。 フェイ: 誰も私に手を出せない。 そう、私はフェイ! フランク・ギルモア(ゲイリー・ギルモアの父): 誰も俺に手を出せない。 そう、俺はフランク・ギルモア!

【台詞訳】1893年の万博会場シーン(マジック終了後のハリー・フーディーニにフェイが声がけ)

フェイ:すいません


​ゲイリー・ギルモア(1940-1977)

米国の死刑囚。

両親への反抗から、少年時代より傷害事件を起こし刑務所生活を送る。

父親から虐待を受け、母親は敬虔なモルモン教徒だった。

仮釈放中、母の故郷となるユタ州で殺人事件を起こす。

ガソリンスタンドとモーテルでモルモン教徒の青年2人を殺害し、死刑の判決がくだされている。

当時、アメリカでは10年近く死刑執行がなく、世論は死刑廃止へ向かっていたにもかかわらず、自ら銃殺を希望。

1977年ユタ州ドレイバー刑務所で銃殺刑に処せられた。

この事件を綴ったノーマン・メイラーの小説「死刑執行人の歌—殺人者ゲイリー・ギルモアの物語」(1979)は空前の大ヒットとなり、トミー・リー・ジョーンズ主演でテレビドラマ化されている。

実兄のマイケル・ギルモアが著した「心臓を貫かれて」(1994)は「ローリングストーン」誌に掲載。村上春樹が翻訳している。


ノーマン・メイラー(1923-2007)

米国の小説家、ジャーナリスト、エッセイスト、劇作家、脚本家、映画監督。

1960年代後半に生まれたニュー・ジャーナリズムの父とされ、1968年「夜の軍隊」でピューリッツァー賞ノンフィクション部門と全米図書賞の二冠に輝く。

1980年には「死刑執行人の歌—殺人者ゲイリー・ギルモアの物語」(1979)でピューリッツァー賞フィクション部門も受賞。

マシュー・バーニー『クレマスター2』(1999)では、「脱出の名人」と異名を取ったマジシャンのハリー・フーディーニ役を演じている。

画像出典:http://cremaster.net/

「フィールド」エンブレム

1987年「拘束のドローイング1」で初登場以来、マシュー・バーニーが頻繁に使用するシンボル。もちろん『クレマスター』シリーズでも多用。

楕円に長方形が重なる形で、楕円の部分が身体を表し、中央に重なる長方形が負荷を意味している。


『クレマスター1』あらすじは、こちら

『クレマスター3』あらすじは、こちら

『クレマスター4』あらすじは、こちら

『クレマスター5』あらすじは、こちら



2020年2月29日(土)〜3月15日(日)、東京都写真美術館ホールで予定したマシュー・バーニー『クレマスター』サイクル全5部作(1994-2002)の上映は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2月26日(水)の首相要請を受け、開催を延期させて頂きました。


上映の日時が再調整でき次第、あらためて本サイトにてお知らせします。


ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年2月26日(水)

トモ・スズキ・ジャパン有限会社 社長 鈴木朋幸

​​