マシュー・バーニー 『クレマスター1』(1995)

米国の美術家、マシュー・バーニー

伝説的フィルム作品『クレマスター』サイクル全5部作の中で、唯一 マシュー・バーニー本人が出演してない作品。

CREMASTER 1, 1995 Photo Michael James O’Brien

© Matthew Barney, courtesy Gladstone Gallery, New York and Brussels



マシュー・バーニー『クレマスター』シリーズ5部作で最も西のアイダホ州ボイシで撮影!

ハリウッド・ミュージカル風の短編フィルム



『クレマスター1』

1995年/アメリカ/カラー/35mm/40分30秒/1:1.37/ドルビーSR

【スタッフ】

脚本・監督:マシュー・バーニー

制作:バーバラ・グラッドストーン、マシュー・バーニー

撮影:ピーター・ストライトマン

音楽:ジョナサン・べプラー

振付:マシュー・バーニー、ジュリー・スティーブンス

スチール:マイケル・ジェームズ・オブライアン

デジタル・アニメーション:ジョン・バウマン(セレフェックス)

メイク:アンドレア・パオレッティ

ヘア :アヴラム(ヴィダルサスーン)

衣装 :アイザック・ミズラヒ(グッドイヤー・エアーホステスのみ)

衣装 :カレン・ヤング(「グッドイヤー」コーラスガールのみ)

衣装 :ミノロ・ブラーニク、リンダ・ラベル

【キャスト】

グッドイヤー:マーティー・ドミネーション

「グッドイヤー」エアホステス

タニス・バークレー、ジェンマ・ブルドン・スミス、ミランダ・ブルックス、キャサリン・クレボー、ニーナ・コトフ、カリー・マッキャン、キャサリン・ムルカヒ、ジェシカ・シェアウッド

「グッドイヤー」コーラスガール

アン・バナート、ジェリエット・ヴァシルキオ


マシュー・バーニー『クレマスター1』

【あらすじ】

米国・アイダホの州都、ボイシ。

​マシュー・バーニー生誕の地である。

アメフト用の巨大なブロンコ・スタジアムでは、青いコートの上で白いドレスのコーラスガールがラインダンスを繰り広げている。明るい音楽とともに、満面の笑顔を振る舞う彼女たちは「グッドイヤー」コーラスガールだ。

その上空には、2台の飛行船が浮かんでいる。スポーツ・イベントの宣伝などで使われるラジコン操作の有人飛行船。アメリカのタイヤ会社、グッドイヤーが「ブリンプ」と名付けたものである。

2台の飛行船には、それぞれに4名ずつエアホステス(客室乗務員)が乗っていた。皆、アイザック・ミズラヒがデザインした1930年代風の制服を着用。彼女たちは一様に気だるそうで、タバコをふかしたり、窓から外を眺めたりしている。

アンビエント・ミュージックが流れる中、無表情な客室乗務員たちが乗る「ブリンプ」だが、その中央には大きめのテーブルがある。

白いテーブルクロスに覆われたテーブルには、白いアールデコ調のオブジェとともにブドウの房が置かれていた。

一方の飛行船には緑のブドウで、別の飛行船には紫のブドウ。不思議なことに、それぞれのテーブルは下でつながっていて、そこには「グッドイヤー」と呼ばれる女神が窮屈そうに潜む。

テーブルの脚に絡まる女神の「グッドイヤー」。針を使って、白いテーブルクロスに穴を開けてみる。そして、その穴からブドウの実をを取っては、床に並べるのであった。

女神が無邪気に並べたブドウ。それは、子宮と卵巣の形なのか?

やがて、地上の「グッドイヤー」ダンサーズまでもが、同じ形をつくり始めるが…。

米国の振付師・映画監督であるバズビー・バークレーの超大作にオマージュを捧げたハリウッド・ミュージカル風の短編作品。

『クレマスター』シリーズ全5部作の中で、唯一、マシュー・バーニーが出演していないが、ブドウを並べた形とラインダンスの形が、マシュー・バーニーの「フィールド」エンブレムを示している。

CREMASTER 1, 1995 Photo Michael James O’Brien

© Matthew Barney, courtesy Gladstone Gallery, New York and Brussels


グッドイヤー

フットボール用スタジアムの上空に浮かぶ2つの飛行船には、「GOODYEAR(グッドイヤー)」というロゴが大きく入っている。

それは、米国の発明家、チャールズ・グッドイヤーが興したタイヤ会社の名である。

『クレマスター1』の出演者はすべて女性だが、主役のマーティー・ドミネーションが演じる女神は「グッドイヤー」と名付けられている。

ほかの役柄も「グッドイヤー」エアホステス、「グッドイヤー」コーラスガール、「グッドイヤー」ダンサーズと、それぞれ「グッドイヤー」の名がクレジットされている。


画像出典:http://makabek.com/365.html


子宮と卵巣の形

2台の飛行船を持つ女神の姿は、子宮と卵巣の形と似てないか?


バズビー・バークレー(1895-1976)

米国の振付師・映画監督。名作『四十二番街』(1933)など、多くの名作を振り付け・監督し、ミュージカル映画の一時代を築いた。その立体的な演出、幾何学的な群舞、自在なカメラワークは、1930年代の映画界で最大の偉業とされている。

『クレマスター1』で、女神の「グッドイヤー」が飛行船のテーブル下でブドウの実を並べるシーンがある。そのブドウの配置にあわせ、フットボール・コートで群舞が広がる。

これはマシュー・バーニーと振付家のジュリー・スティーブンスによる演出だが、いかにもアメリカ的と思えるあたり、ハリウッド・ミュージカルで一時代を築き上げたバズビー・バークレーをも彷彿とさせる。


画像出典:http://cremaster.net/

「フィールド」エンブレム

1987年「拘束のドローイング1」で初登場以来、マシュー・バーニーが頻繁に使用するシンボル。もちろん『クレマスター』シリーズでも多用。

楕円に長方形が重なる形で、楕円の部分が身体を表し、中央に重なる長方形が負荷を意味している。


『クレマスター2』あらすじは、こちら

『クレマスター3』あらすじは、こちら

『クレマスター4』あらすじは、こちら

『クレマスター5』あらすじは、こちら



2020年2月29日(土)〜3月15日(日)、東京都写真美術館ホールで予定したマシュー・バーニー『クレマスター』サイクル全5部作(1994-2002)の上映は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2月26日(水)の首相要請を受け、開催を延期させて頂きました。


上映の日時が再調整でき次第、あらためて本サイトにてお知らせします。


ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年2月26日(水)

トモ・スズキ・ジャパン有限会社 社長 鈴木朋幸

​​